カテゴリ


商品検索


twitter


スポンサー


twitter


検索


スポンサー


SAP RFC + .NET(.NET コネクタ)2 – データ型と注意


皆さま

ご無沙汰しております。

久々の投稿です。

前回ご紹介したSAPと.NETアプリケーションを連携するアプリケーション。

いろいろと試行錯誤の上で作っていますが、
如何せんSAP側のことが全く分からず。

何が困るかって、やはり.NETコネクタ経由で通信した際の
データ型の総合関係性。

大きく以下のようなマッピングらしく。

============================
ABAPの型  → .NET
C (文字列) → String
I (整数)  → Int32
F (浮動小数)→ Double
D (日付)  → String
T (時刻)  → String
P (BCD パック、通貨、10 進数、数量)
      → 10 進数
N (数値)  → String
X (バイナリおよびロー)
      → Byte [ ]
RFC 文字列 → String
XString  → String
============================

で、何が問題かって、日付の部分。
SAPの日付初期値は、0000-00-00になっているらしく。

グレゴリア歴だと、これは日付にならない。
(もちろん.net的にも、parseできない)

このようになってしまうので、あらかじめSAP側と.NETにおける、
日付の初期値については、整合性を合わせておく必要がある様子。
(詳しく調べてはいませんが、試したらそんな感じでした)

いろいろ悩みの多い外部連携部分なので、
当たり前の話ではありますが、
外部システム間の連携時には、やはりデータ型のシステム間マッピングは、
緻密な設計が必須ということですね。事前調査もなく実施してはNG。

という、当たり前のような話を、15年目にして改めて実感。

プログラマ最前線から遠のいてから、久々プログラマ的なこともしながら
プロジェクトを見守ってますが、なんとも新鮮な気持ちに戻ることができた悩ましい一瞬でした。

ただの覚書になってしまいましたが、
ではではまた。

免責事項


  • サイトを利用することでのトラブルや損失については責任を問わないものとします
  • サイト上の情報の正確性、合理性、有用性などは保証しかねます
  • サイト上の情報は予告なく変更、削除される場合があります